電子式小型移相器 WPS-108~-119


印加するDC電圧を可変することで、入力したRF信号の位相を、
任意の角度でシフトすることが出来る電子式小型移相器(フェーズシフター・フェーズトリマー)です。
SW・FILTER・AMP等のRFデバイスが持つ固有位相量を、補正する場合に使用します。
当社では、両端SMAコネクタ付タイプの「WPS-108〜112」と、
SMT(P板実装)タイプの「WPS-114〜119」のモデルをご用意しております。
【特長】
■5G帯(3〜5GHz)でも使用可能
■周波数範囲:0.5〜6.8GHz
■両端SMAコネクタ付タイプとSMT用タイプの2種のモデルがある
■取り扱いが容易(DC電圧を印加するのみ)
■小型で軽量

共通仕様

特性インピーダンス 50Ω
VSWR 2.0以下
挿入損失 3.5dB以下
制御電源 DC +1〜18V
使用温度範囲 -10〜+60℃
型名:WPS-○○○-** 末尾「**」はコネクタの指定
  JJ: 両端SMA-J
  PJ: 一端SMA-P 他端SMA-J

個別仕様

型名 方式 移相量 使用周波数 通過電力 入出力
WPS-108-** 電子式 Max100deg. 0.5〜1.0GHz 0.1W SMA-J (SMA-Pに変更可)
WPS-109-** 0.9〜1.6GHz
WPS-110-** 1.7〜3.0GHz
WPS-111-** 2.2〜4.3GHz
WPS-112-** 3.0〜5.4GHz
WPS-113-** 3.5〜6.8GHz
WPS-114 電子式 Max100deg. 0.5〜1.0GHz 0.1W SMT
WPS-115 0.9〜1.6GHz
WPS-116 1.7〜3.0GHz
WPS-117 2.2〜4.3GHz
WPS-118 3.0〜5.4GHz
WPS-119 3.5〜6.8GHz

外観図

参考データ

カタログ

紹介している製品は製作一例になります。ご不明な点やご要望などございましたらお問合せください

高周波デバイス
会社案内
お問合せ