会社概要

経営理念

わが社は、会社の成長発展と従業員の幸福が常に一致する経営を実践し顧客に信頼される会社を実現する。

指針

人を育て技術に生きる
品質、価格、技術に優れた物作りを目指す
積極的に、速やかに、正確に行動する
仕事を愛し、職場を明るくする

ISO9001:2015認証取得

ISO_9001:2000

品質方針

お客様が安心と満足を得る品質・コスト・サービスの提供

登録活動範囲

高周波デバイスの設計・開発及び製造 (本社)
計測器・計量器の校正サービス      (関西サービスセンター)

ISO14001:2015認証取得

ISO_14001

登録活動範囲

高周波デバイスの設計・開発及び製造 (本社)

環境問題の取り組みについて

弊社では、環境問題に取り組むため環境方針を宣言いたしました。

環境方針

基本理念

和功通信工業株式会社は、高周波通信装置用部品を提供する事業活動において、環境負荷を低減する事が最重要課題と認識し、安全で豊かな社会作りに貢献してまいります。

基本方針

弊社は、環境マネジメントシステムを構築・運用し、継続的な改善を行い、環境保全と汚染の防止に努めます。
環境保全活動を適正に実施する為に、環境側面に関連する法令や条例、及び当社が同意した顧客要求事項を遵守します。
弊社は、環境保全活動に関連する教育を推進し、従業員一人ひとりがその重要性を自覚し、可能な範囲で継続的に取り組み、常に意識と知識の向上に努めていきます。
重点項目として以下を取り組む。

  • (1)製品含有化学物質の管理を徹底し、流出防止を推進する。
  • (2)消費エネルギーの節減と省資源(投入資源)の削減及び廃棄物の減量と再利用推進

代表取締役 早坂和晴

アクセスマップ

mapGoogleマップで見る

沿革

年月 事柄
昭和49年01月 初代社長阿部功二により設立、電子計測機器の修理事業を開始
昭和56年07月 修理業務に加え電子計測機器の校正業務を開始し事業拡大
昭和62年06月 特機部を設立
平成11年12月 ISO9002JQA認証取得
品質方針:「お客様に信頼される校正サービスの提供」と定める
平成12年04月 代表取締役に熊田昭彦が就任
平成13年09月 高周波デバイス部を設立
平成14年11月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2002」に出展
出展品目:同軸誘電体フィルタ・遅延フィルタ・遅延回路・合成、分配器他
平成14年12月 ISO9001(2000年版)移行 登録番号:JQA-QM4063
品質方針:「お客様が安心と満足を得る校正サービスの提供」と定める
平成15年11月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2003」に出展
出展品目:フィルター(DC〜9GHZ)・パワーデバイダー・カプラ
平成16年06月 ISO9001(2000年版)高周波デバイス部追加認証
品質方針:「お客様が安心と満足を得る品質・コスト・サービスの提供」と定める
平成16年11月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2004」に出展
平成17年11月 代表取締役に早坂和晴が就任
平成17年11月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2005」に出展
平成18年12月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2006」に出展
平成19年11月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2007」に出展
平成20年11月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2008」に出展
平成21年07月 ISO14001(2004年版) JQA認証取得  登録番号:JQA-EM6381
平成21年11月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2009」に出展
平成22年09月 ISO9001:2008へ移行 登録番号:JQA-QM4063
平成22年12月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2010」に出展
平成23年11月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2011」に出展
平成24年11月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2012」に出展
平成25年11月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2013」に出展
平成26年12月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2014」に出展
平成27年11月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2015」に出展
平成28年11月 高周波デバイス部「マイクロウェーブ展2016」に出展
平成29年1月 関西サービスセンター(電子計測器・計量器の校正)を開設
平成29年5月 関西サービスセンター 計測器・計量器の校正サービス ISO9001:2008版を認証(JQA-QM4063)
平成29年9月 高周波デバイスの設計・開発、製造及び
関西サービスセンター 計測器・計量器の校正サービスが、ISO9001:2015年版に移行
平成30年5月 高周波デバイスの設計・開発、製造(本社)が、ISO14001:2015年版に移行
高周波デバイス
校正サービス
会社案内
お問合せ